ニュージーランド航空 荷物 重量

MENU

飛行機への手荷物の重量は何キロまで大丈夫なのでしょうか?

あなたが飛行機に乗る際の荷物には、チェックイン時にカウンターで預ける「受託手荷物」と、あなたと一緒に飛行機の機内に持ち込むことができる「機内持込手荷物」とがあります。ニュージーランド航空の場合、それぞれ最大どれだけの重さが許されるのでしょうか?

 

重量やサイズオーバーした場合には、追加料金がかかったり、最悪荷物が持ち込めないといったケースも発生します。空港について出発寸前で慌てないように、渡航前の準備段階で正しい情報を把握し、きちんと準備されておくことをおすすめします。

 

 

なお、空港で重量オーバーで追加料金の発生等がわかった場合、通常下記3つのうちのいずれかを選択します。

 

1.ニュージーランド航空に追加料金を払って解決する
2.宅急便でご自宅等まで超過荷物の一部を送り返す
3.空港で不要荷物を捨てる

 

1の追加料金支払いはいいですが、2や3は、出発直前のチェックイン時に慌しい作業が発生しますので絶対に避けたいところです。旅行前にご自宅でお荷物の重量とサイズを必ずきちんと測っておきましょう。

  このエントリーをはてなブックマークに追加

手荷物の重量は何キロまで大丈夫?記事一覧

 

受託手荷物とは、ニュージーランド航空のチェックインカウンターで預ける荷物のこと。通常スーツケース等の大きい荷物をここで預けることになります。日本-NZ間でニュージーランド航空を利用するケースでは、エコノミー席を利用する際の受託手荷物は、数量は1個、重さは23キロ以内です。なお、プレミアム・エコノミー席利用時は、数量2個、各23キロ以内。ビジネスクラスでは、数量3個、重さは23キロ以内となります。な...

 
 

機内持込手荷物とは、チェックイン時に預けずに、あなたと一緒に飛行機の客室に持ち込む荷物のこと。壊れやすいものなどは機内持込手荷物として客室に持ち込むほうが安心です。日本-NZ間でニュージーランド航空を利用するケースでは、エコノミー席を利用する際の受託手荷物は、数量は1個、重さは7キロ以内です。なお、プレミアム・エコノミー、スター ビジネスクラス、アライアンス・ゴールド会員の場合は、2個まで持ち込む...

 
 

ニュージーランド航空では、エコノミークラスで23キロまでスーツケース等の受託手荷物を問題なく(追加料金なしで)預けることができます。日本からニュージーランドに向かう際は、なんとか23キロ以内に治めることが出来たとしても、ニュージーランドから変える際は、お土産などで重さがかなり増えるケースも珍しくありません。そんな場合は超過手荷物料金を払うことになるのでしょうか。旅行体験者の話を聞くと、話は実に色々...

 
 

飛行搭乗の際の預ける荷物を「受託手荷物」と呼びます。各航空会社によって、受託手荷物の規定が異なるのですが、ニュージーランド航空の受託手荷物の規定は、以下のようになっています。重量:23キロ以内大きさ:三辺合計158センチ以内個数:エコノミー1個、プレミアムエコノミー2個、ビジネス3個重要に関しては、当サイト内の受託手荷物の重量制限と追加料金をご覧ください。大きさに関しては、規定サイズの158センチ...