ジェットスター

MENU
▼ ニュージーランド航空 空席価格情報 ▼

NZ国内でのジェットスターの利用体験

NZ国内1泊旅行

 

私と妻でジェットスターを利用して、クライストチャーチからウェリントンまでのニュージーランド国内の1泊旅行をしたときの話です。そしてこれはそのときに私達が体験した、ありのままの話です。

 

ジェットスター(Jetstar)とは、ご存知の方も多いかとは思いますが、オーストラリアのカンタス航空系列のLCC(格安航空会社)です。国際線の運行だけでなく、ニュージーランド国内においてもジェットスターの便が運行されています。

 

ジェットスターの魅力はなんといっても価格。ニュージーランド航空の国内線も、grabaseatという格安チケットが入手できるサイトはありますが、ジェットスターは常時安いのが利用者にとっては魅力的です。オークランド-クライストチャーチ間や、オークランド-ウェリントン間などの就航がありますが、今回はクライストチャーチ-ウェリントン間の利用をすることに決めました。

 

今までのNZ国内移動はニュージーランド航空しか利用したことがなかったのですが、ジェットスターもCMや新聞でもよく見かけますし、これだけ知名度も上がってきましたので、この機会に是非利用してみようと思いました。

 

今回の旅行の計画は、クライストチャーチを土曜日の朝7:15出発し、ウェリントンに朝8:05着。それから、ウェリントンの博物館テ・パパ(Te PaPa)を観たり、街を散策したりして、ウェリントンのホテルで一泊。翌日も昼間ゆっくりと過ごしながら、夕方4時の便でクライストチャーチに戻り、翌日の月曜日に備えるというものでした。

 

旅程を終え、ウェリントン空港に行ってみると

 

旅行は順調に満喫し、4時のフライトに乗るためにウェリントンの空港に向かいました。ニュージーランド航空のチェックインカウンターそばを通り過ぎ、ジェットスターのチェックインカウンター付近に到着すると、人で溢れかえっているではありませんか。どうしたのかと、思って確認してみると、私たちが乗る予定のクライストチャーチ行きの便が欠航になったとのこと。

 

お隣のニュージーランド航空のチェックインカウンターは順調にチェックイン作業をしていますし、気象も問題ありません。ジェットスターからの説明は、搭乗スタッフの都合によるものとだけ通告され、明確な説明は一切なし。ジェットスターのチェックインカウンターの周りには、途方と怒りに暮れた搭乗予定の人たちでごった返しの状態でした。

 

数名はニュージーランド航空への振り替え処置がとられました。この優先順位は不明です。ニュージーランド航空にはまだ空きはあるようでしたから、なぜ限られた人数しか振り替えされないのかは不明。自腹でNZ航空のチケットを購入する人の姿もありました。残りの9割以上の人は放置された状態が延々と続きます。

 

私達への朗報?

 

そして、ジェットスターからは翌朝(月曜日)のフライトへの振り替えが通告されます。でも、私たちって月曜日の朝から予定があるんだけど..という状況です。そのことをジェットスターのスタッフに伝えて待つこと数十分。ジェットスターのスタッフが私たちの元にそっとやって来て、「これからウェリントン発オークランド行きの便があります。そして、オークランドでクライストチャーチ行きの便に乗り継ぐと、零時頃にはクライストチャーチに戻れるので、それでよければその振り替えを致します。」とのこと。

 

私たちは月曜日の朝から用事がありましたので、その提案はとても有難いものでした。ジェットスターのウェリントン航空のマネージャーと名乗る女性は、ジェットスターのオークランド航空にも連絡済みで、オークランドに行けばスムーズにクライストチャーチ行きのフライトに乗れる手はずは整っていると言います。

 

えっ、どういうこと?!

 

私たちは安心してウェリントンからオークランドに向かいました。そして、オークランド到着後にオークランド空港のジェットスターのスタッフにその旨を伝えたところ、そのようなことはウェリントンのスタッフから一切聞いていないという始末。それどころか、オークランド空港も運行スケジュールが乱れていて、今日中にクライストチャーチに向かう便に全く空きはない状態とのことを言われました。

 

チェックインカウンターの周りには、私たち同様にジェットスターのスタッフとやり取りをしている乗客が20名ほどいるではありませんか。彼らの話を聞くと、彼らはオークランドに滞在していて、昼間のオークランド発クライストチャーチ行きの便に乗る予定だったのが、欠航となり、夜のこの便に振り替えになったとのこと。

 

ところが、チェックインに来てみると、席はいっぱいであなた達の席はないと言われたとのこと。私たちの状況もひどいが、彼らも悲惨だ。結局、どうやっても今日中にクライストチャーチに帰ることはできない事態となりました。

 

ホテルに送られる

 

最終的に、私たち約20名は空港近くのホテルの送られ(これはジェットスターの負担で)、そこで一夜を過ごし翌日帰る段取りになった。でも、この時点では翌日のフライトの保障はありません。夜中にジェットスターから宿泊ホテルに、どの組が、翌日のどのフライトになるかの連絡を入れるということで一件落着。私たちはホテルでその連絡を待つこととなりました。

 

私たちのところに案内があったフライトは、翌日の夜の便。朝や昼間の便ははいっぱいで、夜になってしまったんだな、と理解しました。

 

翌朝、ホテルのロビーに行って、ほかの20名ほどのメンバーに話を聞くと、中には朝の出発の人もいたり、結局、私たちに案内されたフライトは、私たちだけ。あとのみんなは私たちよりも早いフライトであることを知りました。

 

もうここまで行くと文句を言ってもしかたがありません。不満を溜めたまま1日を過ごすよりも、この与えられた1日を堪能しようということで、オークランドの1日を過ごし、夜にクライストチャーチに無事に到着しました。

 

以上がジェットスターでの私の経験です

 

これが私がジェットスター利用の最初で最後の経験です。これは正直、飛行機利用者としては二度と経験したくないような航空会社の対応でした。ですので、これを最後にジェットスターは一切利用していません。

 

飛行機が欠航になることはあることなので、しょうがありません。欠航の理由をきちんと説明しないことも納得はできませんが、飛ばない事実は変わらないので、受け入れることに致しましょう。他の航空会社への振り替えも何か協定があり、制限があるかもしれません。

 

でも、オークランド経由の振り替えで、オークランドのスタッフへは連絡済みで、あとはオークラランド空港に行けばスムーズにいくと言っていて、オークランド空港のスタッフは何も聞いていないといった事実は何なのでしょうか。ジェットスターは、非常に不思議な航空会社としかいいようがありません。ちなみに、ニュージーランド航空で、このような嫌な思いをしたことは一度もありません。

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加