ニュージーランド航空 上海経由

MENU
▼ ニュージーランド航空 空席価格情報 ▼

2013年6月 NZから成田へ(上海経由)

NZ546 クライストチャーチ発1935 → オークランド着 2055 (1時間30分)
NZ289 オークランド発 2300 → 上海着 0730 (11時間30分)
NH922 上海発 1015 → 成田着 1415 (3時間)

 

今回は初めて上海経由で成田に向かう便を選んでみました。

 

いつもであれば早朝(朝5時台か6時台)のクライストチャーチ発の便に乗るのですが、そうすると起床時間が朝の3時とか4時。これって日本時間の夜11時か深夜零時とかにあたるわけです。そして日本の自宅に到着するのが夜8時頃頃。結局前の晩の夜11時頃から24時間近く起き続けていることになります。飛行機で全く寝られなかったり、体調が悪かったりするとけっこ体力的にきついときもあります。

 

最近では、飛行機で寝るコツをつかんだり、念のために頭痛薬をあらかじめ飲んでおいたり、前の晩からの体調のリズムの管理が慣れてきたので、到着時の体調は大丈夫なのですが、前の晩に出発して、飛行機の中で夜寝るパターンで日本に向かうのも、到着時に逆に楽なのではないかと思い、試してみたいと思ったのです。

 

要約すると、こういうこと試してみたかったんです ↓

 

今までの早朝便だと、自宅で夜寝て、早朝に起床。起床時間が早いので、体調によって当日きついことがある。今回のような夜出発の便だと、飛行機出発は前夜になるけど、飛行機で夜の間寝られ、早朝に起きる必要もない。従って、到着時の体調が楽かもしれない。

 

以上のことから、ものは試しということで、夜に出発する上海経由の便にトライしてみました。

 

クライストチャーチ発1935というのも、出発に際してけっこう都合が良い時間です。クライストチャーチ空港には1830頃到着でいいので、ちょっと早めの夕飯を食べてから空港に向かうことができます。空港にもレストランがありますので、そこで食べてもいいかもしれません。NZ内の国内線は夕飯はでませんから、23時発の国際線に乗る前に何か食べておきたい人は、1.出発前にCHCの街でで夕飯 2.CHC空港で夕飯 3.オークランド空港で夕飯、以上の3つの選択があります。3のオークランドは時間の保障がないので、ちょっと避けたほうがいいかもしれませんね。

 

ちなみにCHCからAKL行きの飛行機は人がいっぱいでした。完全満席。この飛行機に乗って国際線に乗継、というよりも仕事とかでAKL・CHC間を利用している人が多い感じです。フライトは時刻通りに運行されて、予定通りにオークランドに到着。受託手荷物はオークランド空港で受取る必要はないので、機内持込手荷物のリックだけ背負って、ターミナル間無料シャトルで国際線ターミナルに移動。普段は歩くのですが、今回はバスを利用してみました。15分おきのシャトルなのですが、いつも、待つよりも歩いたほうが早いや、と思って歩いてしまうのですが、バスのほうがやっぱり楽は楽ですね。

 

オークランド空港での航空会社チェックインは不要なので、そのまま出国ゲートへ。手続きは何なく済ませ、お土産街へ。免税品を買うならこのエリアですね。自分もワインやクッキーなどを買ったこともありますが、今回は特に免税店で買い物する用事はありませんでしたので、そのままどんどんと進みます。もし何かを食べうなら、出国ゲートをくぐる前がいいでしょう。このエリアまで来てしまうと、あまり食べるところはありません。マクドナルドくらいでしょうか。

 

いよいよ上海行きの搭乗口です。上海を経由して日本にも向かえる便ではありますが、見回したところ日本人は自分ひとりの様です。やはり日本人はオークランドから成田への直行便を利用するのが普通なのでしょうね。

 

飛行機の中は中国人と、けっこうニュージーランド人もたくさん乗っていました。機内はもっと賑やかな感じかなと思っていたのですが、わりと静かです。やはり時間も時間だからでしょうか(23時過ぎです)。離陸しばらく(1時間くらいだったかな)してから遅めの機内食の夕飯の時間です。自分はしっかりと寝たいので、あまり食べ過ぎず、そしてアルコールも飲まないようにしました(飲むと寝ている途中で目を覚ましてしまうことがあるので)。

 

夜の便はやはり寝るにはいいようです。自然と眠くなり、結局5,6時間くらいは寝れたのではないかと思います。飛行機なのでベッドで寝るほどではないにせよ、寝たり目覚めたりを多少繰り返しはしましたが、全部で5〜6時間くらい寝れたと思います。早朝に起きなくてはならないということもありませんでしたので、この点はやはりこのフライトにして正解だったと言えます。

 

機内で寝たのがNZ時間深夜2時頃(上海時間夜10時、日本時間夜11時)、朝起きたのが、上海の時間朝4時頃(日本時間朝5時、NZ時間朝8時)ですから、かなり普通の睡眠が取れたことになります。NZ発早朝便の際に、日本時間の夜11時(NZ時間朝3時頃)に起床しなけらばならないのとは大きな違いです。

 

さて、上海空港は初めて利用しました、というよりも、中国本土に今回が初めての上陸となりました。最近、日中間の関係が上手くいっていませんが、空港の手続きにはそのようなことは一切関係なく、まったく問題ありませんでした。ここでは一旦、中国への入国審査を通って、中国側へ。そして、航空会社のチェックインカウンターで手続きして、中国の出国手続きをして飛行機に乗るという流れになります。

 

ちなみに、一旦中国に入るということになりますので、クライストチャーチで預けた受託手荷物はいったんここで引き取ります。そして、(上海−成田間はANAの利用になります)全日空のチェックインカウンターで受託手荷物を預け、飛行機のチケットを発券してもらいます。受付は中国人女性のスタッフでしたが、日本語で全て対応してくれました。NZ航空とANAは同じスターアライアンスの仲間なので、こういう乗り継ぎの組み合わせができるわけです。

 

それと中国入国時に驚いたのですが、中国は入国の際の荷物検査らしきものが一切ありませんでした。申告も何もしないですし、完全スルーだったのですが、いつもそうなのでしょうか?ニュージーランドでは申告と荷物の検査は結構厳しいので、このギャップに驚きました。

 

上海空港では1時間半ほど自由な時間があったので、空港内をプラプラと散歩。何か食べようかなとも思いましたが、また機内食もありますので、結局は何もせずに搭乗ゲート付近で搭乗を待ちました。

 

上海から成田へは3時間。実質飛んでいる時間は2時間半くらいだったかと思います。成田と上海ってこんなに近かったんですね。国内線並みの移動時間みたいです。ですので、この間の移動はあっという間。機内食としてランチが出たのですが、これはけっこう美味しかったです。フライトアテンダントの方は、見た目は日本の女子アナのような雰囲気で、それでもって日本語も中国語もペラペラでしたので、結局日本人だか中国人だかもわかりませんでした。対応もとても良かったです。

 

そして、成田には予定通り午後2時15分には到着。オークランドからの直行便ですと、成田着が午後4時50分ですので、今回の便のほうが家路まで時間的に余裕があります。

 

今回の上海経由の旅は、体調バッチリの状態で、めでたく成田に到着いたしました。体調面を考えると、この上海経由は自分にはけっこうピッタリという印象を受けました。時間的には、直行便で約14時間、今回の上海経由は全部で22時間ほど掛かっていますので、8時間ばかし余計に掛かっています。ただ、その8時間余計に掛かった部分のほとんどを睡眠に使っていますので、体感的にそれだけ余計に時間が掛かった気はしませんでした。ですので、この上海経由というのも有りだなというのが実感です。

 

「当日早朝発」と「前日夜発上海経由」のどちらが良いかというと、どちらでも大丈夫というのが答えかもしれません。体調管理と時間管理をきちんとやれば早朝出発でも大丈夫ですし、前の晩に出発したとしても体力的になんら負担はない(というかかなり快適)ということもわかりました。

 

また、今回のような深夜発ならではのメリットをあげるとしたら、クライストチャーチの冬場の朝、霧がひどいときにフライトスケジュールが狂うことがあります。だいたい昼頃には収まったりするのですが、夜発であればその心配はほぼしなくて大丈夫ということです。これは例外的なケースではあるのですが、霧発生時の保険という意味では夜発ならではメリットがあるかもしれません。

 

 

P.S.
今回利用した上海経由の便ですが、時期によってこの選択肢が選べたり・選べなかったりするようですね。似たようなパターンで香港経由というのもあるのですが、これも選びたり・選べなかったりするようです。

  このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年6月帰り NZ航空・全日空 上海経由 NZ発→成田行 NZ546/NZ289/NH922関連ページ

2016年1月行き NZ航空 直行便 成田発→NZ行 NZ090/NZ517
2016年1月にニュージーランド航空を使用した際の記録です。成田発クライストチャーチ行きのプレミアムエコノミーでの道中です。
2013年6月行き NZ航空 直行便 成田発→NZ行 NZ090/NZ517
2013年6月にニュージーランド航空を使用した際の記録です。成田発クライストチャーチ行きの道中です。
2012年11月帰り NZ航空 直行便 NZ発→成田行 NZ504/NZ99
2012年11月にニュージーランド航空を使用した際の記録です。ニュージーランドから成田への飛行機の旅となります。
2012年11月行き NZ航空 直行便 成田発→NZ行 NZ90/NZ517
2012年11月にニュージーランド航空を使用した際の記録です。成田からオークランド→クライストチャーチへの飛行機の旅。